ドアの防水や気密性確保のために車に取り付けられているゴム製のパーツがウェザーストリップです。このウェザーストリップはゴム製なので経年によりゴムが劣化し、ドアと車体との間に隙間が出来て機密性が失われてきます。こうなると車の走行中にヒュー!というような音が聞こえることがありますが、これこそがウェザーストリップが劣化している証拠です。

このようなことになった場合の根本的な解決策としては、ウェザーストリップを交換するのが一番ですが、その前にラバースプレーを使うことである程度ウェザーストリップの状態が良くなることがあります。ラバースプレーを吹きつけることがゴムの状態がよくなり、走行中の空気漏れによる音が改善される場合があります。

ラバースプレーを使っても改善されない場合は、ウェザーストリップを一度外して付け直すことで改善される場合もありますが、ウェザーストリップ自体が切れてしまっている場合は、ウェザーストリップの交換が必要になってきます。

Copyright © 2010 スバル車の再生バッテリーを激安価格で! All rights reserved.