日常点検として、最低でも1ケ月に1回以上の点検をオススメします。バッテリーの点検や保守はそんなに難しくはありませんから、自分で一度もやったことの無い方は、是非一度やってみて下さい。バッテリーの点検や保守を行うことで、バッテリーが長持ちします。

液面点検

◆液面をバッテリー側面(外側)から点検

1. まずは、水で湿らせて固く絞った布で液面線のあたりを拭き掃除します。液面がUPPER LEVEL(最高液面線)とLOWER LEVEL(最低液面線)の間にあることを確認。
※乾いた布で拭き掃除すると静電気が発生して引火・爆発することがあり大変危険なので、必ず湿った布で拭き掃除します

2. 液面がUPPER LEVELとLOWER LEVEL間の半分以下になっている時は、UPPER LEVELまで精製水(市販のバッテリー補充液など)を補充し、キャップをしっかりと締めます。バッテリー補充液はカー用品店やホームセンターなどで販売されています。

※これまではバッテリー液の補充が必要でしたが、最新のバッテリーは、バッテリー液の補充が必要ないメンテナンスフリーのバッテリーが使われることが増えてきました。


外観点検

◆バッテリーの外観を目視点検

1. バッテリー側面(外側)に割れ、ヒビ、欠け、液もれ、およびキャップ(液口栓)の排気孔にゴミなどが付着していないことを確認。

2. 異常がある場合は、販売店やメーカーに相談。

3.取付け金具・端子の緩みの点検

◆取付け金具・端子の固定状態を点検

1. 取付け金具の点検 バッテリーがステー(取付け金具)でしっかり固定されていることを確認。緩んでいる場合は、ステー(取付け金具)のネジを締め、バッテリーをしっかりと固定します。

2. 端子の点検 バッテリー端子と車両側のケーブル端子との接続が、しっかり固定されていることを点検。緩んでいる時は、端子をしっかりと固定します。腐食(サビ)があれば、ワイヤーブラシなどを使って取り除きます。

Copyright © 2010 スバル車の再生バッテリーを激安価格で! All rights reserved.